オンライン カジノ 必勝 法k8 カジノ年間約300時間の労力削減、ゴディバジャパンがAnaplanのプランニング基盤採用仮想通貨カジノパチンコ麻雀 ダイシャリン

オンライン カジノ 必勝 法k8 カジノ年間約300時間の労力削減、ゴディバジャパンがAnaplanのプランニング基盤採用仮想通貨カジノパチンコ麻雀 ダイシャリン

オンライン カジノ 必勝 法k8 カジノ年間約300時間の労力削減、ゴディバジャパンがAnaplanのプランニング基盤採用仮想通貨カジノパチンコ麻雀 ダイシャリン

p シュタイン ズ ゲートk8 カジノ

ユーコー ラッキー Anaplan Japanは2022年11月16日、同社のSaaS型プラン二ングプラットフォーム「Anaplan」が、ゴディバ ジャパンのサプライチェーンマネジメントプラットフォームに採用されたと発表した。

 ゴディバ ジャパンでは、1万点にも及ぶアイテムをマスターデータとしてERPシステム上に登録している。しかし、販売や在庫状況を分析するためのデータは表計算ソフトで管理しており、サプライチェーンの全体像を把握しづらい状況にあった。

 こうした状況を改善するため、プロジェクトを発足。「サプライ プランニング」「S&OP(Sales and Operations Planning)」「デマンド プランニング」の3段階で、最適なサプライチェーン環境の構築を開始した。

 プロジェクト発足後、S&OPのためのデータ収集や分析レポート作成の負担を軽減するため、Anaplanの導入を決定。2021年7月に導入プロジェクトがスタートし、2022年2月に本格運用を開始した。運用後は、ERPシステムの売上、在庫、POSデータをAnaplanと連携させることで、サプライチェーン全体を可視化し、リアルタイムでの情報共有が可能になった。

 Anaplanの導入により、サプライチェーンマネジメントが効率化され、これまで2人で3日かけて作成していたS&OPの月次レポートでは、年間約300時間の削減が見込まれるという。また、属人化していた分析やレポーティング業務も省力化した。

 データベース上に経営判断に必要なデータが整理されているため、サプライプランニングにおける意思決定も迅速化。これにより、販売機会の損失や余剰在庫の発生防止が可能になっている。

⇒その他の「製造IT導入事例」の記事はこちら

仮想通貨カジノパチンコjfa shop

業界連盟:k8 カジノ k8 カジノ オンカジ エルドア バカラ ゲーム ディアブロ steam akb パチンコ k8 パチンコ ルーレット web k8 カジノ | Feed | RSS | sitemap.html | Sitemap