スロット ま ど マギ 叛逆k8 カジノコグニティブ・コンピューティングによるがん研究を開始仮想通貨カジノパチンコジャグラー bb

スロット ま ど マギ 叛逆k8 カジノコグニティブ・コンピューティングによるがん研究を開始仮想通貨カジノパチンコジャグラー bb

スロット ま ど マギ 叛逆k8 カジノコグニティブ・コンピューティングによるがん研究を開始仮想通貨カジノパチンコジャグラー bb

業界 地図 四季 報 違いk8 カジノ

リアル 鬼ごっこ 2 パチンコ 日本IBMは2015年7月30日、東京大学医科学研究所(東大医科研)と共同で、「Watson Genomic Analytics(ワトソン・ジェノミック・アナリティクス)」を活用した新たながん研究を開始したと発表した。

 がん細胞のゲノムには数千から数十万の遺伝子変異が蓄積し、それぞれのがん細胞の性質は変異の組み合わせによって異なっている。そのため、がん細胞のゲノムに存在する遺伝子変異を網羅的に調べることで、その腫瘍特有の遺伝子変異に適した治療方法を見つけ、患者それぞれに効果的な治療法を提供することが可能になるという。

 こうした個別化医療の実現には、全ゲノム・シークエンシングから得たデータを解析するための複雑で大規模なビッグデータ解析が必要となる。がん細胞の全ゲノム情報は約60億文字分のデータに相当するが、現在の遺伝子解析技術ではこの全ゲノム情報を読み取ることが可能となっている。一方、インターネット上には、がん細胞のゲノムに存在する遺伝子変異と関連する研究論文や、臨床試験の情報など膨大な情報がある。

 東大医科研が活用するWatson Genomic Analyticsは、IBMがコグニティブ・コンピューティング機能を初めて実用化したものとなる。Watson Genomic Analyticsを活用することで、特定された遺伝子変異情報を、医学論文や遺伝子関連のデータベースなどの膨大ながん治療法の知識体系と照合することが可能になる。その結果、科学的に裏付けられたエビデンスと共に、有効な治療方法の可能性を提示できるという。これは、がん細胞ゲノムに存在する遺伝子変異情報に基づいたゲノム医療・個別化医療の研究推進に役立つとしている。

 今回のがん研究では、東大医科研が有するスーパーコンピュータ「Shirokane3」と、クラウド基盤で稼働するWatsonが連携し、研究を進めていくためのビッグデータ解析基盤とする。また将来的には、臨床応用への可能性を検証していくとしている。

「医療機器ニュース」バックナンバー 有機化合物に関する定量NMR法がISO 24583として発行血液中の病因タンパク質を効率的に吸着するナノ細孔繊維を開発使い捨てカイロ技術を活用して手術用スコープの曇りと汚れを解消内視鏡検査動画から大腸ポリープ候補の検出を支援するソフトウェアを発売FAのノウハウを再生医療機器領域へ、3D細胞製品の実用化に向けて共創手術室の稼働率を向上する、手術スケジュールの自動作成ソリューション高画質で手術映像を録画する4K医用レコーダーを発売皮膚上や体内に埋め込んで使用できるセンサー用極薄伸縮性導体を開発BioHEAとレーザー金属AMを組み合わせて、生体骨のような新材料を開発天井全体に無影灯の機能を持たせる天井照明型手術室を開発関連キーワードがん | 遺伝子 | ゲノム | 東京大学 | Cognitive Computing | 医療機器ニュース仮想通貨カジノパチンコテレビ ショッピング と は

業界連盟:k8 カジノ k8 カジノ オンカジ エルドア バカラ ゲーム ディアブロ steam akb パチンコ k8 パチンコ ルーレット web k8 カジノ | Feed | RSS | sitemap.html | Sitemap